松本地域出産・子育て安心ネットワーク協議会
会長 杉山 敦

松本地域出産・子育て安心ネットワーク協議会は、病院産科医師の負担軽減と離職防止を目的に、県及び松本医療圏の3市5村、医療機関並びに医療団体により、平成20年5月に設立しました。設立当時、産科を担当する病院医師の不足により、全国的に産科病院の休廃止が相次ぐ危機的状況にありました。

その中において、本協議会は産科医療体制の崩壊をくい止める緊急避難措置として、これまで分娩医療機関と健診協力医療機関における役割分担の明確化や連携体制の構築などの事業に取組んで参りました。しかし、現在に至るまでも産科・小児科医療を取り巻く環境はより厳しさを増しており、引き続き一層の取組みが求められているところです。
松本地域に暮らす皆様が、安心して地域で子を産み育てることのできる環境を守るため、今後も関係者が一丸となって、産科医療体制の維持向上等を図って参ります。

皆様方の本協議会の取組みへの御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

こちらもご覧ください

妊婦さんにもこれから妊娠する可能性がある皆さんにも松本地域の出産システムのことを知っていて欲しい
信州大学医学部保健学科長 金井誠からのメッセージ
松本地域の出産システムについて
松本地域のお産を守るため
松本地域出産・子育て安心ネットワーク協議会が設立された理由
設立の経緯